Mar.22

写真家村上宏治、ブログ

Mar.22 by Steve Beimel

by Koji Murakami 使用する機材の色調整と、 春仕様の調整と、 今しかでない色と、 音を撮りに来たのです。 音の収録は諦めました。 若い若い女子二人が登場。 楽しそうに尽きない話題。 何とかアメリカと謡だし…

Jan.28

「THE STORY OF JAPANESE TEXTILES『日本の美しい布』」

Jan.28

by 須藤玲子, 株式会社 布 ミキモト銀座4丁目本店 7階ミキモトホールにて開催中(2019年1月27日まで) 時間/11:00~19:00(入場無料) 京都・西陣織の老舗「細尾」の12代目・細尾真孝氏が日本の染織産地…

Dec.19

裂織りのジャケット

Dec.19

by 斉藤正光 エッフェル塔のほど近く、セーヌ川のほとりにあるケ・ブンランリー美術館で、今年の11月から来年の4月まで日本の竹籠の展覧会が開催されることになりました。 ケ・ブンランリー美術館は元フランス大統領のシラクさん…

Dec.16

Spring

Dec.16

by ヒカリ 観光で庭や寺を見学するのも良いが、日本特有の文化は目を潤すだけではない。日本人の心と体を癒してきたものの一つは、お風呂だと思う。各家庭に湯船があるだけでなく、銭湯もある。そして、日本には何と言っても温泉とい…

Dec.01

融合する工芸 ―見つけた伝統のアシタ―

Dec.01

インタビュー: 前崎信也 作品:満田春穂と若宮隆志と田辺竹雲斎 「なぜ工芸には陶芸や漆芸、金工や木工といった分野があるのだろう?」「異分野の作家がつながるとどんな作品ができるのだろう?」異なる素材をあつかう作家が集まり、…

Nov.21

写真家村上宏治、ブログ, 日の出のイメージショット

Nov.21

世羅の朝霧と日の出のイメージショットが完了。   Posted by Koji Murakami on Wednesday, November 14, 2018   世羅八幡にお参りしてから、向島の海…

Sept.23

私の楽しい事–斎藤正光

Sept.23 by 斎藤正光

私は日本の竹籠が好きで、35年に渡り主に明治から現代までの 竹工芸作品を集めています。 しかし、最近はなかなか面白いものに出会えず、また、国内外に多くのファンが生まれてきたこともあり、価格が上がり良い物は簡単には手のでな…


Loading...