時を経ること
Sep12

時を経ること

by ヒカリ 楽茶碗にしろ、漆器にしろ、日本庭園にしろ、その姿がなんとも味わい深く、美しいなぁと眺める。 どれも良い味わいが出ているものは、まず、使う側がそのものを好きで、扱いを雑にしない。何でもかんでも食洗機に突っ込むのではない、それぞれに扱い方がある。 そして何十年何百年と、人々にそのようにじっくりと丁寧に扱われながら受け継がれ、現代に至り、すばらしい評価を得ている。...

Read More