道場と神棚
Dec07

道場と神棚

昨今日本人にも、そして外国人にも武道が流行しております。武道の実践を通して礼儀作法が学べ、身につくということで人気のようです。 武道を稽古修行する場所を「道場」と呼びますが、武道を学んだことがある人は、「道場」に入る際、お辞儀するように教えられるのではないでしょうか。これは何に対してお辞儀しているのでしょうか。...

Read More
柿山伏 by 柳本勝海
Dec05

柿山伏 by 柳本勝海

3:30~6:30 ある山伏が柿の木を見つけ、柿を食べたさに、いろいろと試みた末に、その木によじ登ってついに柿を食べる場面です。 狂言では、ほとんど何もない舞台で、何かがあるつもりで演技がされます。山伏は「あれに大きな柿の木がある」と手で示し、柿の木があるつもりで演技をします。「礫を打ってかち落とそう」と言って、石ころを拾ったつもりで、それを投げます。観客もそれらの台詞を頼りに想像して鑑賞しないといけません。...

Read More
「狂言」との不思議な縁       元狂言師 柳本勝海
Sep14

「狂言」との不思議な縁 元狂言師 柳本勝海

書家 元狂言師 柳本勝海(ヤナギモトカツミ)   狂言の初舞台を踏んで、かれこれ30年になります。よくも続けて来れたものだと思い、これからも続いてゆくようだと考えると、不思議な縁だと気付きます。...

Read More
8月は恒例の虫干し
Sep13

8月は恒例の虫干し

By 河村純子 8月は恒例の虫干し。 蔵を空っぽにして装束、面、小道具類に至るまで全て出します。 年々装束も増えていて何枚あるのか誰も把握していない。 🙀 虫干しは単に干すというだけでなく傷んでいるものの点検修理や共同で3日間虫干しする事で連帯感も生まれます。 河村家だけでなく多くの方々のお手伝い協力があって出来るこの作業。 私が出来るのはほんとにお手伝い程度ですが色々な方と話をしながら作業することで勉強にもなります。...

Read More