Spring
Dec16

Spring

by ヒカリ 観光で庭や寺を見学するのも良いが、日本特有の文化は目を潤すだけではない。日本人の心と体を癒してきたものの一つは、お風呂だと思う。各家庭に湯船があるだけでなく、銭湯もある。そして、日本には何と言っても温泉という、地球のパワーを直に頂けるものがあるのだ。古くから湯治場があるように、温泉に何度も時間をかけてゆっくりと浸かることにより、病気や怪我を治す効能を得る。...

Read More
柿山伏 by 柳本勝海
Dec05

柿山伏 by 柳本勝海

3:30~6:30 ある山伏が柿の木を見つけ、柿を食べたさに、いろいろと試みた末に、その木によじ登ってついに柿を食べる場面です。 狂言では、ほとんど何もない舞台で、何かがあるつもりで演技がされます。山伏は「あれに大きな柿の木がある」と手で示し、柿の木があるつもりで演技をします。「礫を打ってかち落とそう」と言って、石ころを拾ったつもりで、それを投げます。観客もそれらの台詞を頼りに想像して鑑賞しないといけません。...

Read More
写真家村上宏治、ブログ, 日の出のイメージショット
Nov21

写真家村上宏治、ブログ, 日の出のイメージショット

世羅の朝霧と日の出のイメージショットが完了。   Posted by Koji Murakami on Wednesday, November 14, 2018   世羅八幡にお参りしてから、向島の海に廻りました。 明け方は気温はなんとなんと2度。 海岸は13度。 防寒を脱いで軽いセーター一枚。 銀山街道ルポルタージュ。 一時期尾道のロケーションから、少し離れてみると、また尾道のなにかが解るかと。...

Read More
玉城望さんと若子さんの工房を訪ねて
Oct26
Read More
裂織の布1
Oct15

裂織の布1

裂織の布1 By 斉藤正光 裂織という技法の布があります。 これは使い古した布を細く裂いて、横糸として織り込んでいくいわば 布のリサイクルです。 私が小さかった頃はまだ布が貴重だったので、近所のおばあさんたちが古くなった布をせっせと裂いては、裂織の布を織っていたのを覚えています。 こうして裂かれて織られた布は当時、敷物になったり背負子の肩紐になったりと、もう一度生活の中で活用されていました。...

Read More
銀を鞆ヶ浦
Oct12

銀を鞆ヶ浦

日の出前から、 岩見の銀を、 最初に船積したとされる、 鞆ヶ浦にて待機。 浦はまことに静かなれど、 外海は猛烈なシケもよう。 何度も日本海側に来ていますが、 ないだ海には出会ってません。 もしや、 この海が日常なのでしょうか? この海に銀を積載した船が出る。 瀬戸内海に暮らす私には、 リアルに想像できるのは、 難破という言葉しかないです。 どんな形の船だったのか? 銀を鞆ヶ浦やのちに、 やなしお道を使っての移動は、 今の時期。...

Read More